【眠れるアロマミスト】SWITCH me 「ディープレストミスト」不眠症や寝つきの悪いかたへ

SWITCH me 「ディープレストミスト」は、こんな商品です。

30代の開発者が今までおやすみ3秒だったけれど、急にストレスが増えて眠れなくなって作った、眠るためのアロマミスト。香りが脳の興奮を鎮めて、スッと寝入りやすくします。
スッと寝たいのに、寝つけない。そういう方が最近どんどん増えています。理由は、ストレスや考え事、そして夜遅くまでいじっているスマホ。脳が興奮し、神経が高ぶってしまうので、眠りにつきにくいんです。眠るには、脳の興奮を鎮めて『眠るモード』に切り替えてあげることが大切なんです
SWITCH meの香りは、精神安定作用や、鎮静作用のあるビターオレンジ油など、興奮を鎮める香りを独自ブレンド
香りが本脳に直接届き、スイッチを切り替えるように心を落ち着かせ、眠りやすい状態に。

ディープレストミスト

すぐに眠れない。途中で起きちゃう。
ハッと時計を見ると、午前2時…というあなたに。

スッと眠れて、スッキリ目覚める快感を。
あなたが眠れない原因、それは

「寝つき」問題アリなのかもしれません。

こんなこと、ありませんか?

✔ 布団に入って眠るのに30分~1時間以上かかる
✔ よく眠れない夜が週に数回ある
✔ 眠りそのものが浅い
✔ 眠りの質が良くないと感じる
✔ 専門のクリニックに行くほどではない…
✔ 眠れず、ついお酒に頼ってしまう
✔ 眠りたい時間まで、眠っていられない

2個以上 あてはまった、アナタ!

”不眠症ってほどではないし病気じゃないから…”
と我慢していませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

でも…
放っておくと、大変なことになるかもしれません。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

短期的には
行動が起こせず、ネガティブに…。

【 ↓ DOWNする 】
✔ 意思決定力
✔ 共感能力
✔ 認知機能
✔ 対人関係のクオリティ
✔ 自尊心
✔ ポジティブに考える力
✔ 独立心
✔ 衝動を制御する力

【 ↑ UPする 】
✔ 他人への敵意・怒り
✔ 沈んだ暗い気分

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

だから休日、楽しい予定でも起きられない。
友達と約束してもあまりのだるさと眠気でドタキャン。
寝て過ごしてしまう。

休みの日に色々やりたいけど、全く体が動かず
パソコンでいう「シャットダウン」状態に…。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

長期的には様々な病気やリスクを併発!?
専門家によると、不眠が招くリスクは

✔ 糖尿病 ✔ ガン ✔ 心臓発作
✔ アルツハイマー病 ✔ 脳卒中 ✔ うつ etc

不眠状態を放置すると、深刻な病気にかかるリスクが
大幅にアップすることがわかってきました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

しかし、病院に行ったりサプリを飲んだりするのはちょっと…

そんな方に、一度でいいのでお試しください。

【眠れるアロマミスト】SWITCH me 「ディープレストミスト」
香りが脳の興奮を鎮めて
スッと寝入りやすく。

ストレス、スマホ、考え事…。スッと寝たいのに、寝つけない。実は
そういう方増えているんです。脳が興奮し、神経が高ぶりやすい現代
の生活は、眠りにつきにくい環境です。眠るには、脳の興奮を鎮めて
『眠るモード』に切り替えてあげることが大切。SWITCHmeの香り
は、精神安定作用や、鎮静作用のあるビターオレンジ油など、興奮を
鎮める香りを独自ブレンド。香りが本脳に直接届き、スイッチを切り
替えるように心を落ち着かせ、眠りやすい状態に。

SWITCH meのミストで、「眠るモード」スイッチをONに。

① なんで香りなの?

眠くなるときは、「副交感神経(休息モード)」が働いている、という話
を聞いたことがある方も多いはず。香りは、鼻に入ってすぐに、このモー
ド管理をする指令室(視床下部)に働きかけます。香りは休息モードに切
り替える判断と、指令を出しやすくするんです。ここには、五感を通じて
いろんな情報が入ってきます。香りは、この情報到達スピードが五感の
中で1番早く、脳の「モードチェンジ」させる力が強いのです。この力を、
眠りに応用しています。

② 香りで本当にかわるの?

ある香りやニオイをかぐと、気持ちよくなったり、気持ち悪くなったり、
なぜか記隠がよみがえったりしたことはありませんか?香りを喚いだ瞬
間はいろんな反応をします。これは太古の昔、人問が狩猟生活をして
いたころ危険やチャンスを察知するために発達したからだと言われてい
ます。ニオイは自動で入ってきて、「嗅がない」という選択ができないのも、
即座に判断を間違いなく行うため。人間の持つ、本能的な反応に働きかけ
るからこそ、本能が司る眠りの悩みとの相性がいいんです。

③ なんでビターオレンジの香り?

リラックスさせる力、つまり休息モードに切り替える力が強いんで
す。漢方薬では橙皮(トウヒ)と呼ばれ、自律神経の調整に使われてきま
した。不安や緊張、イライラ、ストレス、憂うつな気分に働きかけ、気持ち
を前向きにします。また、ビターオレンジの香りは、個人での取り扱いが
難しくあまり普及していないところにも着目。「使わずにいるのはもっ
たいない」と考えクローズアップしています。

④ ブレンドして、さらに強化

クロモジって、こ存知ですか?古くから鳥樟(ウショウ)という名前で
呼ばれ、生薬や薬酒の原材料に。実際、神経の興奮を鎮めて安眠に導いた
や咳をスッキリさせ体を温める作用があるといわれる素材。伊豆では明治期
には海外に輸出するほど生産されてきました。このクロモジの香りも、
眠るモードへのスイッチ切り替え力が強いんです。近年、その力の解明が進み、
再注目されつつあります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

さらに…眠りにいい香りがたくさん入っています。

ユーカリ葉油 (精神安定)
オレンジ油  (精神安定)
アオモジ果実油(鎮静・誘眠)
オニサルビア油(精神安定)

ブレンドで大事にしたのは
実感と、使い続けられるクセのなさ。

くさいと思ったら、その時点でNGなんです。安眠の香りというと、例えばラベンダーの香りを思い浮かべる方もいるかもしれません。でも、クセがあって香りの好き嫌いも多いもの。これに対して、ビターオレンジは落ち着いたシトラス系の香りでライト。甘い香りやフローラル系が苦手な方でも使いやすいんです。青草っぽさや薬っぽさも一切なし。香りの圧迫感、重さを出さないけれど深くリラックスできるように、何度も調整しました。「何度使っても飽きない、いい香り」でなければ、効果が期待できても続けらませんし、それでは意味がありません。ニオイは脳に直接届くもの。ガマンしていたら、続きません。バランス感を大事に、鎮静作用のある香りをブレンドしています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

さぁ、はじめてみませんか?

⇒ 詳しくは 100%天然の香り、眠れるアロマミスト